吉野水分神社

よしのみくまりじんじゃ

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)は奈良県吉野町に鎮座する神社

式内大社村社世界遺産国重文

神社情報

吉野水分神社

 ご由緒

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町子守地区(吉野山上千本)にある神社。式内社で、旧社格は村社。葛城水分神社・都祁水分神社・宇太水分神社とともに大和国四所水分社の一つとして古くから信仰されてきた。また、「みくまり」が「みこもり」となまり、子守明神と呼ばれ子授けの神として信仰を集めている。宣長の両親の子守明神への祈願により本居宣長が授けられたといわれている。2004年7月に、ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録された。

引用:Wikipedia

 ご祭神

天之水分大神

 社格等

 文化財

世界遺産
紀伊山地の霊場と参詣道
国指定重要文化財の建造物
吉野水分神社本殿(桃山)
吉野水分神社拝殿(桃山)
吉野水分神社幣殿(桃山)
吉野水分神社楼門(桃山)
吉野水分神社回廊 (南)(桃山)
吉野水分神社回廊 (北)(桃山)

 最寄駅

近鉄吉野線 吉野駅(3130m)
近鉄吉野線 吉野神宮駅(4640m)
近鉄吉野線 大和上市駅(5290m)

 鎮座地

奈良県吉野郡吉野町吉野山1612

近くに鎮座する神社