鼬幣稲荷神社

いたちべいなりじんじゃ

鼬幣稲荷神社(いたちべいなりじんじゃ)は岩手県花巻市に鎮座する神社

郷社

神社情報

鼬幣稲荷神社

 ご由緒

鼬幣稲荷神社は天和元年徳川五代将軍綱吉公の時代、南部29代藩主重信公が信託により鼬幣野を社地として寄進され創建した。
南部藩三稲荷の一つ南の守護の神とし藩主代々領民の安泰五穀豊穣諸願成就を祈願信仰崇敬される。
この発祥は「二群見聞私記」に当時花巻郡代野々村字右ェ門が、あるに、夢の中に白髪の老人が白狐にのり「われは稲荷なり、汝支配する下根子に垂跡せん」とのお告げがあり、夢が覚めた翌日、水ごうりをとり現地に訪れてみると、石神五郎助の地にある川端の大石に白紙が一帳あり、そこへ鼬が来てその白紙をくわえたまま西方に走り出したあとをついていくと、白紙は御幣となり、現在の神社の場に置き鼬は消えたといわれる。

 ご祭神

宇迦御魂命、豊受姫尊

 社格等

 最寄駅

JR釜石線 花巻駅(1270m)
JR東北本線 花巻駅(1270m)
JR釜石線 似内駅(4140m)

 鎮座地

岩手県花巻市石神町336

近くに鎮座する神社

全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社
佐々木 優太
双葉社
売り上げランキング: 9,319
神さまとつながる100の開運神社めぐり (王様文庫 B 182-2)
白鳥 詩子
三笠書房
売り上げランキング: 31,140