出雲大社神楽殿

いずもおおやしろかぐらでん

出雲大社神楽殿(いずもおおやしろかぐらでん)は島根県出雲市にある史跡・神蹟

神社情報

出雲大社神楽殿

 ご由緒

出雲大社神楽殿(いずもおおやしろかぐらでん)は島根県出雲市にある出雲大社および出雲大社教の神楽殿

もともとは千家国造家の大広間として使用され、「風調館」と称していた。
現在の神楽殿は昭和57年に出雲大社教特立100周年を記念して建て替えられたもので、現在は出雲大社と出雲大社教の神楽殿として御祈祷や結婚式など様々な祭事行事が執り行われている。

大広間は270畳の広さを誇り、また正面の大注連縄は長さ13m、重さ5.2tに及び日本最大級の注連縄である。
さらに神楽殿前にある国旗掲揚塔は神社における最も高い建造物で高さ47m、国旗の大きさは広さ75畳分でこちらも日本一を誇る。

 ご祭神

大国主大神

 最寄駅

一畑電車大社線 出雲大社前駅(960m)
一畑電車大社線 浜山公園北口駅(2550m)
一畑電車大社線 遥堪駅(3970m)

公式サイト / SNS

 鎮座地

島根県出雲市大社町杵築東240−4

近くに鎮座する神社

御朱印でめぐる九州の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 59,459
御朱印でめぐる京都のお寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 20,049
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
小野寺 優
KADOKAWA (2017-07-12)
売り上げランキング: 5,719