新倉富士浅間神社

あらくらふじせんげんじんじゃ

新倉富士浅間神社(あらくらふじせんげんじんじゃ)は山梨県富士吉田市に鎮座する神社

村社

新倉富士浅間神社

 ご由緒

 人皇第四二代文武天皇の慶雲三年(705)九月九日、甲斐国八代郡荒倉郷へ富士北口郷の氏神として祀る。第五十一代平城天皇大同二年(807)富士山の大噴火があり八月二二日当社に朝廷からの勅使が参向せられ国土安泰富士山鎮火祭を執行し、その時平城天皇より三国第一山の称号並天皇の御親筆であり現在大鳥居にある勅額、金幣、破魔宝面(勅使面)を奉納せらる。

  ご祭神

木花咲耶姫命・大山祗命・瓊瓊杵尊

 社格等

村社

 最寄駅

富士急行線 下吉田駅(420m)
富士急行線 月江寺駅(800m)
富士急行線 葭池温泉前駅(1110m)

 鎮座地

山梨県富士吉田市新倉3353

近くに鎮座する神社

御朱印でめぐる東京の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ 14)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 5,807
願いを叶える! 東京のすごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

笠倉出版社 (2019-12-27)
売り上げランキング: 59,220