山中諏訪神社

山中諏訪神社(やまなかすわじんじゃ)は山梨県山中湖村に鎮座する神社

村社

山中諏訪神社

 ご由緒

人皇十代崇神天皇の御代七年(西暦104)、国中に疫病が蔓延。勅命をもって土人創杞しましたが、これが山中諏訪神社(山中諏訪明神)の起源と伝えられています。第六十二代村上天皇子御代の康和三年(966)には、村人が開墾の守護神として、諏訪大明神を奉りました。時代がさらに進んだ天文二十一年(1552)には甲斐国守護武田晴信公が、相模国北条氏との合戦に際し、当神社に御加護を請い奉らんと、本殿を造営寄進しました。貞享元年(1684)には本殿を修築、以来、安産子授けの守護神として崇敬され毎年九月の例大祭「山中明神安産祭り」は、妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に有名です。(HPより引用)

 ご祭神

建御名方命、豊玉姫命

 社格等

村社

 最寄駅

富士急行線 富士山駅(7840m)
富士急行線 月江寺駅(8610m)
富士急行線 下吉田駅(8800m)

 鎮座地

山梨県南都留郡山中湖村山中御所13

公式サイト
http://www.suwajinja.com/

御朱印でめぐる関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 11,164
御朱印でめぐる京都のお寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 20,049
御朱印でめぐる九州の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 59,459

近くに鎮座する神社