天明稲荷神社

てんめいいなりじんじゃ

天明稲荷神社(てんめいいなりじんじゃ)は埼玉県朝霞市に鎮座する神社

ツールド御朱印

神社情報

天明稲荷神社

 ご由緒

天明稲荷神社の創立はあきらかではないが、もとは柳澤清五郎の座敷神。柳澤家の祖先が山林に白狐の死骸を発見し、なみの野狐ではないことから懇ろに供養し祠をもうけたことにはじまります。
しかし、柳澤清五郎は明治21年に稲荷社のある山林を売却してしまいます。
翌年、柳澤家所縁の老人から
「我は天明年間(1781-89)に妻恋稲荷から箭弓稲荷に遣わされた白狐である。故あって柳澤家を守護する稲荷となったが、稲荷の屋敷をほかに売却したことはまことに都合が悪い。速やかに買い戻すべし。」
と告げられ、高橋源左衛門は周りの協力によりこの地を所有、大正5年に「天明稲荷神社」と命名し、神職となった高橋源左衛門は日々荒行を重ね、神明奉仕に務めました。
その人徳により天明稲荷社の神徳(火防・盗賊除け・失物発見など)は広域に知れ渡り、多くの信仰を集めました。

 ご祭神

大祖参神、天照大御神、月夜見神、彦火邇邇杵命、木花開耶姫命、宇迦御魂神

 巡拝

 最寄駅

東武東上本線 志木駅(1280m)
JR武蔵野線 北朝霞駅(1430m)
東武東上本線 朝霞台駅(1550m)

公式サイト / SNS

 鎮座地

埼玉県朝霞市宮戸3丁目2−17

近くに鎮座する神社

御朱印でめぐる関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 11,164
願いを叶える! 東京のすごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

笠倉出版社 (2019-12-27)
売り上げランキング: 59,220