御座石神社

ござのいしじんしゃ

御座石神社(ござのいしじんしゃ)は秋田県仙北市に鎮座する神社

無格社

神社情報

御座石神社

 ご由緒

御座石神社(ござのいしじんじゃ)は秋田県大仙市の田沢湖湖畔に鎮座する神社。
約六百年前の室町時代に熊野権現を信奉する修験者により、湖主竜神に神通するために祠を創建して修験の座としたと縁起にちなむと伝わる。
田沢湖に古くから伝わる「辰子伝説」の辰子姫を祀ることから、古くは「龍神社」と称した。
「御座石神社」の由来は、秋田藩主・佐竹義隆が腰をかけて休んだことに由来。

 ご祭神

事代主神、綿津見神、龍子姫神

 社格等

 最寄駅

秋田内陸縦貫鉄道 羽後中里駅(4620m)
秋田内陸縦貫鉄道 松葉駅(5220m)
秋田内陸縦貫鉄道 羽後長戸呂駅(7760m)

 鎮座地

秋田県仙北市西木町桧木内字相内潟1

近くに鎮座する神社

御朱印でめぐる東京の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ 14)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 5,807