奴可神社

ぬかじんじゃ

奴可神社(ぬかじんじゃ)は広島県庄原市に鎮座する神社

式内小社論社
奴可神社

 ご由緒

奴可神社(ぬかじんじゃ)は広島県庄原市東城町に鎮座する神社。
延喜式内備後國奴可郡1座、爾比都賣神社に比定される論社。
平安初期第52代嵯峨天皇の御代弘仁3(812)年この地を開拓した大船葦治麿により亀山の麓に爾比都売を祀り創祀、往古は爾比都売神社と称した。

  ご祭神

帯中日子命、息長帯比賣命、大吉備津日子命、菅原道眞公

 社格等

式内小社論社

 最寄駅

JR芸備線 小奴可駅(670m)
JR芸備線 道後山駅(2910m)
JR芸備線 内名駅(4470m)

 鎮座地

広島県庄原市東城町小奴可1195

近くに鎮座する神社

神さまとつながる100の開運神社めぐり (王様文庫 B 182-2)
白鳥 詩子
三笠書房
売り上げランキング: 31,140
全国御朱印大事典
全国御朱印大事典
posted with amazlet at 20.02.04
日本の神社仏閣研究会
宝島社
売り上げランキング: 11,053
御朱印でめぐる京都のお寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 20,049