加佐登神社

加佐登神社(かさどじんじゃ)は三重県鈴鹿市に鎮座する神社

村社

 ご由緒

加佐登神社(かさどじんじゃ)は三重県鈴鹿市にある神社である。 日本武尊の能褒野(のぼの)陵墓と伝えられた白鳥塚古墳の横に鎮座し、尊が死の間際まで持っていたといわれる笠と杖をご神体として祀る。
延喜式神名帳にある、伊勢国鈴鹿郡の倭文神社(しとりじんじゃ)を合祀したと伝えられる。 紫ツツジの名所としても知られている。

 ご祭神

日本武尊

 社格等

村社

 最寄駅

JR関西本線 加佐登駅(1110m)
近鉄鈴鹿線 平田町駅(3100m)
JR関西本線 河曲駅(3730m)

 鎮座地

三重県鈴鹿市加佐登町2010

願いを叶える! 東京のすごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

笠倉出版社 (2019-12-27)
売り上げランキング: 59,220
全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社
佐々木 優太
双葉社
売り上げランキング: 9,319
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
小野寺 優
KADOKAWA (2017-07-12)
売り上げランキング: 5,719

近くに鎮座する神社