刈田嶺神社

(かったみねじんじゃ)

刈田嶺神社(かったみねじんじゃ)は、奥羽山脈・蔵王連峰の宮城県側、刈田岳東麓の遠刈田温泉にある神社。刈田岳(標高1,758m)山頂の「刈田嶺神社」と対になっており、山頂の同名社を「奥宮」、当社を「里宮」と言う。神体は、夏季に山頂の「奥宮」に、冬季は麓の「里宮」にと、両宮の間を季節遷座している。「蔵王連峰」の "蔵王" は、かつて両宮が祀っていた蔵王権現に由来する。

祭神 天之水分神、国之水分神
社格
郷社
HP
住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町1
3.9
by

真宏和田 1 週間前
★★★★★  駐車場は共同浴場や温泉 利用者の為の大型無料駐車場を利用することができます。  参拝後 御朱印のお願いをしたところ 担当の方 他の処にいるとのことで 本日は対応できないとの回答  是非頂きたい方は 事前の確認をお勧めします。

Taro Morioka 12 か月前
★★★★★  元さくら野仙台店前33番バス乗り場から往復で1900円で遠刈田温泉湯の町に到着します。(往復バスチケットはドライバーさんからも購入可能ですが時間があれば仙台駅前の宮城交通のバス案内所で購入すると降車がスムーズ)そこから歩いて鳥居前まで行くと脇に源泉が流れているのを見ることができます。わたししか境内に人がいなかったのでこの静かで落ち着いたよい雰囲気独り占めできて良かったです。

yuuta isikawa 6 か月前
★★★★★  境内は比較的狭いですが、なかなか雰囲気のある神社です。素晴らしい御朱印いただきました。

キンタクンテ 1 年前
★★★★★  宮城県神社庁の説:以下は、宮城県神社庁による当社の歴史である、当地の伝説では、当初は第2代天皇の綏靖天皇を祀っていたとされ、神社として創建されたと考えられる。その後、白鳳8年(679年[4])に、役小角が大和国(現奈良県)の吉野山から蔵王権現を現在の不忘山に奉還して周辺の奥羽山脈を含めて修験道の修行の場とし、「蔵王山」と呼んだ。すると当社はいつしか「蔵王大権現」と呼ばれるようになった。平安時代後期の前九年の役の頃になると、安倍氏が当社を氏神と見なして神殿の改築したという。戦国時代になると、当地は出羽国(山形県側)に本拠を置く勢力の下に入り、当社は甘糟氏が管理したとされる。当地が伊達氏の勢力下に入ると、当社を守護神と見なして片倉小十郎に管理させ、伊勢神宮に倣って21年毎の改築(遷宮)を始めた。伊達政宗が仙台藩をたてると、仙台城の鬼門(北東)除けを金華山(黄金山神社)、病門(南西)除けを当社と見なして重要視するようになる。明治維新で神仏分離が行われると明治5年(1872年)4月に「水分神社」と改称するが、明治8年(1875年)には「刈田嶺神社」に改称して郷社となった。 蔵王町の説:以下は、蔵王町による当社の歴史である、平安時代に修験道開祖の役小角の叔父にあたる願行が、吉野山の金峯山寺蔵王堂から当地の奥羽山脈の山頂に蔵王大権現を分祀し、青麻山東麓に僧坊を構えて修験道の修行を行った。そのため、修行の場となった当地の奥羽山脈は「蔵王山」と呼ばれるようになった。僧坊には修験者が集まって拡大し、願行の死後には僧坊跡地に「願行寺」を建て、「願行寺四十八坊」と呼ばれる修験道の大寺院となった。平安時代末期(12世紀末)には奥州藤原氏の庇護も受けたが、奥州藤原氏が滅亡すると衰退が始まり、戦国時代には兵火による焼失も加わって戦国末期(16世紀後期)には3坊まで減少してしまった。存続した3坊の1つに、住職がいない小寺院「嶽之坊」(だけのぼう)があった。同寺は遠刈田温泉に所在し、江戸時代になると「金峯山蔵王寺嶽之坊」(きんぷせんざおうじだけのぼう)と号する真言宗の寺院となる。さらに、山頂の「蔵王大権現社」、および、遠刈田温泉から蔵王大権現社への参詣路「蔵王参詣表口」(ざおうさんけいおもてぐち)の管理も行った。江戸時代後期(18世紀末)になると、お蔭参りに代表されるような庶民の旅行が盛んになり、「蔵王大権現社」への参詣もにぎわった。すると同社と参詣路を管理する嶽之坊には住職が常在するようになった。また、山頂の「蔵王大権現社」へ冬季に積雪のために参詣出来ない不便を解消するため、冬季に麓の嶽之坊にある「蔵王大権現御旅宮」(おかりのみや)に季節遷座をするようになった。明治維新で神仏分離が行われると、吉野では「蔵王権現」を神号とし、従前の僧侶が神官となった。これに従って当地でも明治2年(1869年)7月に「蔵王大権現」を「蔵王大神」へと改号。さらに同年9月、「蔵王大神」とは「天水分神および国水分神」の2柱であるとの解釈から、社号を「水分神社」(みくまりじんじゃ)に改称した。なお、この時期に修験道の「蔵王大権現」を管理していた真言宗の嶽之坊は、神道の神社となった当社と合一したと見られる。明治8年(1875年)に「水分神社」は「刈田嶺神社」へ改称した。

HIDE Gon G King 1 年前
★★★★★  オリジナル御朱印帳

刈田嶺神社の近くの神社
  • 刈田嶺神社
    刈田嶺神社[11km]
    4.0
    名神大社県社

    刈田嶺神社(かったみねじんじゃ)は、宮城県刈田郡蔵王町宮にある神社である。『延喜式神名帳』において名神大社とされた式内社で、旧社格は県社。郡内では最も大きな神社で刈田郡総鎮守、伊達家家臣片倉家(白石…

  • 刈田嶺神社
    刈田嶺神社[11km]
    3.9

    刈田嶺神社(かったみねじんじゃ)は、奥羽山脈・蔵王連峰の宮城県側、刈田岳(標高1,758m)山頂にある神社。山麓の遠刈田温泉にある「刈田嶺神社」と対になっており、当社を「奥宮」、遠刈田温泉の同名社を「里宮…

  • 大高山神社
    大高山神社[14km]
    3.8
    名神大社郷社

    大高山神社(おおたかやまじんじゃ)は、宮城県柴田郡大河原町にある神社。式内社(名神大社)で、旧社格は郷社。

  • 金蛇水神社
    金蛇水神社[23km]
    4.4
    無格社

    金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)は、宮城県岩沼市に鎮座する神社である。旧社格は無格社。

  • 竹駒神社
    竹駒神社[25km]
    4.2
    県社別表神社

    竹駒神社(たけこまじんじゃ)は、宮城県岩沼市中心部にある稲荷神社である。旧社格は県社で、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。別名竹駒稲荷とも呼ばれ、旧称は武隈明神(たけくまみょうじん)。日本三…

  • 熊野神社
    熊野神社[25km]
    3.9
    県社

    熊野神社(くまのじんじゃ)は、宮城県名取市にある神社である。名取熊野三社のうちの一社。旧称熊野新宮社(くまのしんぐうしゃ)。旧社格は県社。

  • 山形県護国神社
    山形県護国神社[25km]
    4.2
    護国神社別表神社

    山形県護国神社(やまがたけんごこくじんじゃ)は、山形県山形市にある神社(護国神社)である。明治維新から第二次世界大戦までの殉国者4万余柱の英霊を祀る。

  • 鳥海月山両所宮
    鳥海月山両所宮[27km]
    4.4
    県社別表神社

    鳥海月山両所宮(ちょうかいがっさんりょうしょのみや)は、山形県山形市にある神社である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。別称 吉事宮・武門吉事宮。鳥海山(鳥海山大物忌神社)の神の倉稲魂命と、月…

  • 宮城縣護國神社
    宮城縣護國神社[28km]
    4.0
    護国神社別表神社

    宮城縣護國神社(みやぎけんごこくじんじゃ)は、仙台市都心部の西にある青葉山の仙台城(青葉城)本丸跡に創建された神社(護国神社)である。明治維新以降の諸事変、戦役における宮城県関係あるいは縁故のある戦…

  • 大崎八幡宮
    大崎八幡宮[29km]
    4.2
    村社国宝

    大崎八幡宮(おおさきはちまんぐう)は、宮城県仙台市青葉区八幡にある神社である。旧社格は村社。社殿は国宝に指定されており、どんと祭の裸参りで知られる。

  • 「刈田嶺神社」近くの神社を探す
  • 一覧で近くの神社を探す
  • 地図で近くの神社を探す