櫛田宮

くしだぐう

櫛田宮(くしだぐう)は佐賀県神埼市に鎮座する神社

神社情報

 ご由緒

櫛田宮(くしだぐう)は、佐賀県神埼市神埼町に所在する神社である。
社伝によれば、景行天皇が当地に巡幸した折に不幸が続き住人が苦しんでいると聞き、当社を建て神を祀り鎮めたのが発祥という。
その後は災厄もなくなったことからこの地を「神幸(かむさき)」と称し現在の神埼(かんざき)の地名の起こりとなったと伝えられている。
長く神埼一帯の総鎮守として崇敬されており、当社で保管されてきた古文書には12世紀以降度々朝廷や幕府、地元領主による造修が行われたことが記されている。江戸時代には長崎街道が整備され、神埼宿が当社周辺に設けられた。

引用:Wikipedia

 ご祭神

須佐之男命、櫛稲田姫命、日本武命

 最寄駅

JR長崎本線 神埼駅(660m)
JR長崎本線 吉野ヶ里公園駅(3000m)
JR長崎本線 伊賀屋駅(4000m)

公式サイト / SNS

 鎮座地

佐賀県神埼市神埼町神埼419番地1

近くに鎮座する神社

全国御朱印大事典
全国御朱印大事典
posted with amazlet at 20.02.04
日本の神社仏閣研究会
宝島社
売り上げランキング: 11,053