国津姫神社

くにつひめじんじゃ

国津姫神社(くにつひめじんじゃ)は山口県防府市に鎮座する神社

郷社

神社情報

国津姫神社

 ご由緒

国津姫神社(くにつひめじんじゃ)は山口県防府市にある神社。旧社格は郷社。
伝説では第40代天武天皇の御世、里人が海岸守護のため祖神として宗像三神(田心姫命・湍津姫命・市杵島姫命)を奉斎したのに始まる。
これより以前、景行天皇の頃、大和の軍が筑紫の熊襲征伐の途中、周防娑婆に寄港した。この時、防府の地一帯に多くの部下を有する女首長の神夏磯姫なる者が来て、大和の軍に帰順の意を表わしたことからこの周防娑婆一円を領した女首長神夏磯姫は国津神として配祀神として祀られている。
現在の楼拝殿は安永三年(1774)の建立。

 ご祭神

田心姫命、湍津姫命、市杵島姫命

 社格等

 最寄駅

JR山陽本線 富海駅(900m)
JR山陽本線 戸田駅(5750m)
JR山陽本線 防府駅(7370m)

 鎮座地

山口県防府市富海2758−1

近くに鎮座する神社

御朱印でめぐる京都のお寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 20,049
御朱印でめぐる東京の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ 14)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 5,807