富田八幡宮

とだはちまんぐう

富田八幡宮(とだはちまんぐう)は島根県安来市に鎮座する神社

県社

神社情報

富田八幡宮

 ご由緒

富田八幡宮(とだはちまんぐう)は島根県安来市に鎮座する神社。 旧社格は県社。
欽明天皇31年創建。もとは月山山麓に祀られてあったが、保元年間平氏の将悪七兵衛景清が富田城築城の際、神廟と居を共にすることをおそれ、暗夜白羽の矢を放って霊地を定め現在の地へ奉遷したと伝えられる。
以来佐々木・尼子・毛利・吉川・松平等領内の大氏神として崇敬篤く、社領寄進、社殿の造営を行なった。明治5年郷社、昭和11年県社に昇格した。

 ご祭神

誉田別尊、神功皇后、仁徳天皇、天照大神

 社格等

 最寄駅

JR山陰本線 揖屋駅(7680m)
JR山陰本線 荒島駅(8560m)

 鎮座地

島根県安来市広瀬町広瀬86-14

近くに鎮座する神社

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
小野寺 優
KADOKAWA (2017-07-12)
売り上げランキング: 5,719
御朱印でめぐる東京の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ 14)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 5,807
神さまとつながる100の開運神社めぐり (王様文庫 B 182-2)
白鳥 詩子
三笠書房
売り上げランキング: 31,140