嘉羅久利神社

からくりじんじゃ

嘉羅久利神社(からくりじんじゃ)は島根県安来市に鎮座する神社

式内小社村社

神社情報

 ご由緒

嘉羅久利神社(からくりじんじゃ)は島根県安来市に鎮座する神社。 延喜式神名帳に比定される式内小社。 旧社格は村社。
社伝に依れば出雲風土記に佐久多社、延喜式神名帳に佐久多神社同社坐久韓国伊太氐神社と記載されるのが当社なりと伝う。
聖武天皇の天平年間(729~748)以前には三笠山の中腹に鎮座したが、寛永十二年(1635)の大洪水により当社も流出する。
寛永十二年広瀬藩初代松平近栄公の一夜夢に五十猛命の神告を受け、其の指示に依り殿町に在る藩医並河家の邸内を発掘された處、木製神像二体中に石を挟める形にて発見される。是こそ御神体なりとし藩邸内に礼拝殿を設け祈願社として奉斎される。
正徳・享保・宝暦年間に遷座祭執行。天明元年(1781)神告により社殿を元の鎮座地に近い三笠山北麓の現在の鎮座地に奉遷される。

 ご祭神

五十猛命

 社格等

 最寄駅

JR山陰本線 揖屋駅(7430m)
JR山陰本線 荒島駅(8410m)
JR山陰本線 東松江駅(9860m)

 鎮座地

島根県安来市広瀬町広瀬364

近くに鎮座する神社

御朱印でめぐる京都のお寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ)

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 20,049
【書置き御朱印専用】御朱印ホルダー/桜尽くし(紺)
ご朱印帳専門店 HollyHock
売り上げランキング: 36,011
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
小野寺 優
KADOKAWA (2017-07-12)
売り上げランキング: 5,719