国信神社

くにのぶじんじゃ

国信神社(くにのぶじんじゃ)は鳥取県大山町に鎮座する神社

村社

神社情報

国信神社

 ご由緒

国信神社(くにのぶじんじゃ)は鳥取県大山町に鎮座する神社。 旧社格は村社。
もと国山八幡と称し、近世には八幡宮とよばれた。
勧請の時期は不詳。
社伝によれば、息長足姫(神功皇后)が三韓より帰還の途次、因幡国摩尼山(現鳥取市)に参ろうとしたところ海が荒れ、国信の浜に着岸した。上陸の地は船磯とよばれ、姫の御座所に祀られたのが当社であると伝える。
勧請の時期を「伯耆民談記」は貞観年中(859~877)としている。

 ご祭神

誉田別尊、帯中津彦命、息長足姫命

 社格等

 最寄駅

JR山陰本線 大山口駅(900m)
JR山陰本線 淀江駅(3910m)
JR山陰本線 名和駅(4480m)

 鎮座地

鳥取県西伯郡大山町國信920−1

近くに鎮座する神社

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
小野寺 優
KADOKAWA (2017-07-12)
売り上げランキング: 5,719